tande lab.

[書評] 考具 – 考えるための道具、持っていますか?

商品開発・企画に携わる人もそうでない人もゼッタイ一度は読んだ方がいいと思う一冊!

考具 ―考えるための道具、持っていますか?
加藤 昌治
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 3,141

博報堂勤務のビジネス経験からアイディアを導き出す方法を模索してきた著者が、自分のとっておきのアイディアだし方法・企画立案方法をすごーくわかりやすく、しかも説得力ありの砕けたわかりやすい文章で解説してくれる。
アイディアの素は自分の周りの身近なものにあるってことを再認識させてくれる本。

すごく読みやすいので一度ならずずっと側において何度も読み返したい本。

(注)
この記事はmixiレビューに掲載していたものを転載したものです。
ブログにまとめることにしました。




1 comment
  1. […] [書評] 考具 – 考えるための道具、持っていますか? […]

Submit comment