tande lab.

[Processing] 実行結果を動画で記録する

Processing の実行結果はとっても簡単に動画で記録できます。

Flash のように Processing も exe形式の実行ファイルへパブリッシュできるのですが
Processing で書出した exeファイルは、
javaが入っていない環境だと実行できないことが多いので、
いつもと違う環境で、Processingで作ったものを見せる機会がある場合は
動画に書きだしておくと確実に再生できるので、オススメです。

//MovieMakerライブラリをインポート&宣言
import processing.video.*;
MovieMaker mm; 

void setup() {
  size(640, 480);
  frameRate(30); 

  //その他の初期設定ここに書く

}

void draw() {

  //実行したい内容をここに書く

  //draw実行のたびに1フレームずつ動画に追加
  mm.addFrame();
}

//スペースキーで動画記録終了の例
void keyPressed() { 
  if (key == ' ') { 
    movie.finish(); 
    exit(); 
  } 
}

MovieMaker mm;

を宣言したら

mm.addFrame();

でフレームを追加していくだけ!

動画の終了は

movie.finish();

を何かのアクションに結びつければOK。

ただし、色々試したらなぜかH263でしかうまく書き出せない。そして画質が粗い。
もっと画質良く録画できる方法があればいいのだけど。

詳しい使い方はリファレンスを参照のこと。
MovieMaker \ Language (API) \ Processing 2+

Processingで作った動画を、
さらにMotionやAfterEffect等で取り込んで使うと
かっこ良い映像素材として使えます。




0 comments
Submit comment