tande lab.

DVDからmpeg形式の映像データを取り出す方法

パソコンで2次活用したいけど、編集後の映像データがどこにあるか分からない!最終的に焼いたDVDなら手元にあるのに…!ってときにDVDから簡単にmpeg形式の映像データを取り出す方法です。

市販の映画DVDや地デジ番組をレコーダで焼いたDVD等、著作権ガードがかかっている映像は無理ですが、私的な映像を焼いたDVDからであればmpeg形式の映像データを簡単に取り出せます。意外と知らない人が多かったのでメモしておきます。

超簡単です。
WinもMacもやり方は同じです。

やり方

  1. DVDを普通にファインダーで開きます。
    https://lh4.googleusercontent.com/_tfb0OOQJIJA/TVcLIjiCX0I/AAAAAAAAm9k/uJUZDUZpsYA/s400/110213-0004.png
    開くと中に「VIDEO_TS」というフォルダがあるはずなので、それを開きます。

     
  2. 「VIDEO_TS」内の「.VOB」拡張子のファイルのみをPCローカルへコピーします。
    https://lh3.googleusercontent.com/_tfb0OOQJIJA/TVcLJdpKPZI/AAAAAAAAm9o/nU7iJ4aqwPE/s400/110213-0005.png
    「.VOB」のファイルだけファイルサイズが大きいのに気づくと思います。これが映像データの実態です。なのでこいつをいじります。

     
  3. コピーしたファイルの拡張子を「.VOB」から「.mpg」に変更します。
    ファイルが使えなくなる恐れがあります等、ダイアログがでますが無視して実行します。

     
  4. あら不思議、普通のmpeg映像データに変身!
    MediaPlayerやQuickTimeで普通に再生できるはずです。
    あとは似るなり焼くなりお好きにできます。

     

「.VOB」ファイルが複数ある場合は、映像が複数あるか、1つの映像が2つに分割されて保存されています。とりあえず全ての「.VOB」ファイルをコピーして拡張子を変更してみて、不要なものかどうか判断しましょう。映像が分割されていた場合は適宜編集ソフトなどで繋げたりすればOKです。




0 comments
Submit comment