tande lab.

[AS3] キーボード処理

前記事 – [AS3] ボタン処理 と合わせてよく使う処理。

//クリック状態を判別するフラグ変数を準備
var clickFlag:Boolean = true;

//ステージにイベントリスナーを登録
//キーダウンを検知したらリスナー関数「KeyDownFunc」を呼び出す
stage.addEventListener(KeyboardEvent.KEY_DOWN, KeyDownFunc);

//KeyDownFunc関数
function KeyDownFunc(e:KeyboardEvent):void{
	
	if(e.keyCode == Keyboard.RIGHT){ //テンキー'右' 
		
		if(clickFlag == true){
			trace("いっち");
			clickFlag = false;
		}else if(clickFlag == false){
			trace("にぃ");
			clickFlag = true;
		}
	}
}
いっち
にぃ
いっち
にぃ
いっち
にぃ

キーを押す度にフラグ変数clickFlagが変更されて
交互に「いっち」「にぃ」を呼び出します。

キーコードの指定

e.keyCode == Keyboard.RIGHT

じゃなくて

e.keyCode == 39

でもOK。

キーコードの説明は下記のサイトが詳しいです。
Keyboardクラスにキーコードに対応する定数 ActionScript入門Wiki – キーボードイベントを受け取る

他、指定できるキーコード

下記を参照のこと。