tande lab.

モノ:ファクトリーのバスツアー #工場ハック 参加してきた!

先週の祝日3/20にモノ:ファクトリー工場ハックツアー に参加してきました!

https://lh4.googleusercontent.com/-DvlQ0RUxzRo/T29BrYtn0gI/AAAAAAAA8C0/6bwQr3N_zmQ/s640/IMG_0794.JPG

MTM07モノ:ファクトリー のブース見て、
なにこれ楽しいー!と思っていたのですが
Make:Japan のツイートでこの 工場ハックツアー を知って、夫婦で即申し込み。

定員45名、7月一般公開前のプレオープンで工場や施設のほとんどすべてを体験できるイベントということで、かなり貴重な会に参加できたと思います(o^^o) ほくほく。
7月以降の一般公開では、すべての設備を体験できるプログラムの設定は行わない予定とのこと。

すんごい、楽しかったー(o^^o)
参加してた人、みんな少年少女のような目してたような(#^.^#)

ナカダイ前橋工場って?

産業廃棄物の中間処理場とのこと。
Make:カテゴリな電子工作好きな人にとっては宝の山!なんでしょうけど、色んな素材や部品が見慣れない姿であちこちに転がってて、見てるだけでも楽しいものばかりでした。
https://lh3.googleusercontent.com/-mQDTcvmfKDw/T283qkQNimI/AAAAAAAA7uU/am2JWcU5BWE/s640/IMG_0767.JPG
https://lh6.googleusercontent.com/-3uo0Qx1Y84w/T284WvswqFI/AAAAAAAA7v0/iCYvxpYecew/s640/IMG_0778.JPG

食品の袋を閉じるやつとか。
https://lh4.googleusercontent.com/-5dAuHdbOeSM/T2iiSKUnZdI/AAAAAAAA6-k/bWBxGOScHGc/s640/IMG_0109.JPG

大量の釘とか。(UFOみたい!)
https://lh5.googleusercontent.com/-QhiRudViUes/T2ijgcIrKiI/AAAAAAAA7Dg/XHpuCawVglw/s640/IMG_0145.JPG

LANケーブル製造時にでてくる廃棄物とか。(きれい!)
https://lh5.googleusercontent.com/-PGky34uE55o/T2ifIwVtOXI/AAAAAAAA67k/C1Rz1gmHWc0/s640/IMG_0086.JPG
これは熱を加えると固まる性質を持っていて、これで作品をつくっている方もいるそうです。
例えば、これでできた馬の彫刻とか飾ってありました。すぎょい。
https://lh5.googleusercontent.com/-0cqdTw5lxDY/T2icexb9wLI/AAAAAAAA6xc/1081Nz2M_k4/s640/IMG_0011.JPG

他にも、

  • デザイナーズウィークの某企業のコンテナまるごと
  • ジュースの巨大な攪拌機?
  • 業務用冷蔵庫まるごと
  • 何かよく分からない部品だけどキレイなもの

などなど、色々たくさんありました。

しかも3月末は、多くの企業の決算月なので
いつも以上に廃棄物が多く、マテリアル探しにはもってこいな時期なんだそうです。

当日のスケジュール

8:00 池袋集合
8:15 バス出発(池袋→ナカダイ前橋工場)
10:00 会場到着
10:20〜 工場見学
11:30 昼食
12:00〜 機械や作業の体験+マテリアル狩り!!
17:00 バス出発(ナカダイ前橋工場→池袋)
19:00 池袋到着(※渋滞で結局20:40着でした)

体験項目

私たちが実際に体験したものには★つけました。

機械作業

  1. 鉄をプレスしよう(※要整理券)(★)
  2. エアキャップを梱包しよう(★)
  3. ラップを梱包しよう(★)
  4. 発泡スチロールを溶融しよう(★)
  5. RPFを調合しよう(★)
  6. 1m3を解体・破砕しよう(★)
  7. 蛍光灯を破砕しよう(★)

作業

  1. 金属を選別しよう
  2. イスを解体しよう
  3. 箱開け作業をしよう
  4. OA機器を解体しよう
  5. ガラスを選別・破砕しよう(★)
  6. セラミック板を割ろう(★)
  7. 硬質プラスチックを選別しよう
  8. ドラム缶を開けよう(★)
  9. 自由に工作しよう(★)

以下、我が家が体験した順に色々とご紹介。

蛍光灯の粉砕

ヘルメットとゴーグルをはめて、レッツ粉砕!
こんなにたくさんの蛍光灯。
https://lh4.googleusercontent.com/-scys0BZZxy4/T285JNuUzrI/AAAAAAAA7xs/3D_YoHahjus/s640/IMG_0790.JPG

社員の方に丁寧に注意事項説明を受けます。
https://lh6.googleusercontent.com/-DxARusjrBOQ/T286bh3IsoI/AAAAAAAA70k/uGlU868XiE0/s640/IMG_0814.JPG

好きな蛍光灯を選んで
https://lh4.googleusercontent.com/-c1r_9Gp6wOs/T3G6fe3pQcI/AAAAAAAA8Mw/ein2OkSaaEI/s640/IMG_0816.JPG

こんな感じで、蛍光灯を機械にまっすぐ挿入。
https://lh3.googleusercontent.com/-tZQUqQ4WhLU/T286wkFFQMI/AAAAAAAA71Y/wy8q5QMMIps/s640/IMG_0823.JPG
指示通りに粉砕機にまっすぐ蛍光灯をまっすぐ入れると、パキンパキン衝撃が腕に伝わります。
粉砕される瞬間、手に振動が伝わってきてなんだかとても気持ち良かったですよ!

粉砕された蛍光灯はドラム缶の中にたまります。
このまま北海道旭川にある別の処分場に運ばれるとのこと。
https://lh3.googleusercontent.com/-FUbtFjx1krg/T2ijLgnYMJI/AAAAAAAA7CA/pyvynfdJMoM/s640/IMG_0134.JPG

特大ドラム缶の缶切り

元はシャンプーが入っていた巨大ドラム缶ということで、とってもいい匂い。
上で説明した蛍光灯の粉砕クズを入れる容器として再利用されていました。
https://lh3.googleusercontent.com/-xKGYIhbETec/T285TY1a3pI/AAAAAAAA7yA/42iV8RrGX4w/s640/IMG_0792.JPG

そんなにチカラを入れずにも切れました。
https://lh5.googleusercontent.com/-GCwF3NtQHwE/T288F_su6sI/AAAAAAAA74k/-YN7-oIAw2I/s640/IMG_0847.JPG

これもサクっとささる感触がなんだか気持よかった。

エアキャップの圧縮

エアキャップとは、あのよくある包装材のプチプチのやつです。
巨大な圧縮機に大量のエアキャップを投入して、圧縮するという機械がありました。

プチプチはもともと梱包材で空気を多く含んでるので、
圧縮してもまた空気が入りやすく膨らんでしまい圧縮が大変のようでした。
元の量がどんだけだったのか確認し忘れたけど、これでもかなりコンパクトに。
https://lh4.googleusercontent.com/-jz00-7dDAm0/T2ijSXIaIQI/AAAAAAAA7Cg/SWXeyEvaJxI/s640/IMG_0138.JPG
圧縮したプチプチはまた専門の別の処分場へ送るとのこと。

圧縮されるときのプチプチ音は、凄かったー。

同じ機械でラップの圧縮もするとのことで、プロセスは同じのようでしたので
ラップの圧縮は見学せずにスルー。

プラスチックの溶解

プラスチックの山脈が目の前に!
https://lh6.googleusercontent.com/-CaZxJae6OQM/T2idqMBVsII/AAAAAAAA62E/OFK48RogRZA/s640/IMG_0046.JPG

この1/4ほどの量をこの溶解機に投入。
https://lh4.googleusercontent.com/-llcTeFJIj6E/T2ijpicFCdI/AAAAAAAA7EI/PsxtGHBgYps/s640/IMG_0150.JPG

数時間待つと、こんな1mほどのプラスチック棒が出来上がるそうです。
https://lh3.googleusercontent.com/-wpZRUk7ed8M/T2idyP-qj-I/AAAAAAAA62g/O2qLYaSKNas/s640/IMG_0049.JPG

出来上がった直後は熱々なので、水に浸して冷やすそう。
https://lh4.googleusercontent.com/-YIJ67XWpevQ/T2ijkje95aI/AAAAAAAA7Dw/8FIRlKNGwvU/s640/IMG_0147.JPG
このプラスチックも、別の処理場へ送る際の輸送費を抑えるために
こういった溶融&圧縮を行うそうです。

持ってみたけど、すんごい重かった!
水にも沈んじゃうんだそうです。

1m3の解体・粉砕

1m3とは、1m立方体のプラスチックケースのことと理解しました。
もともとはシャンプーなどの液体を海外から日本に輸送するときに使われる使い捨てのケースだそうで、その使い終わったケースがこの工場に送られてくるそうです。

こんな大きなケースを、
https://lh3.googleusercontent.com/-r8OBswJqHno/T284SbZmVSI/AAAAAAAA7vs/m0OwfuIwPSU/s640/IMG_0777.JPG

巨大シュレッダーが飲み込みます!
https://lh3.googleusercontent.com/-rIc45TdoE_Q/T2ic9cTF9-I/AAAAAAAA6zY/A-kmRoPa2Vg/s640/IMG_0026.JPG

ゴウンゴウン凄い音をだしながら巨大プラスチックケースを飲み込んで粉砕するさまは圧巻。
https://lh5.googleusercontent.com/-IfyacfkMReE/T288miOHQCI/AAAAAAAA754/ZiBWxvlRfc4/s640/IMG_0856.JPG

荒く粉砕した後、別の場所で更に細かく粉砕され、リサイクル商品として出荷されるそうです。

鉄をプレス

これは、お昼ごはん直後に整理券が配布される程の人気アトラクションでした。(笑)

鉄をプレスするためのフォークリフトのような乗り物で実際に、鉄を拾いあげて、巨大プレス機の中へ投入して、プレスされた鉄クズがでてくる、という一連の流れが操縦体験ができるとあって、大人気でした。

鉄を拾って
https://lh6.googleusercontent.com/-Pdg5zqr4y-k/T28-Zfb5VWI/AAAAAAAA79w/VcrsDP0UWUU/s640/IMG_0886.JPG

運んで
https://lh6.googleusercontent.com/-P1AAEP8oe9I/T289hh3A5lI/AAAAAAAA774/7jA0rMojpzg/s640/IMG_0873.JPG

プレス機に投入〜
https://lh3.googleusercontent.com/-YNxFcVK9taw/T289nCNTk-I/AAAAAAAA78E/ii6Kf7L4KO8/s640/IMG_0874.JPG

プレス機に投入された鉄クズは、立方体にプレスされて横から出てきます。
https://lh4.googleusercontent.com/-YUoQ5zi9FNo/T29Jeeize0I/AAAAAAAA8DM/StaKDhln604/s640/https___lh3.googleusercontent.com_-AYxdR-XPYjQ_T2ikCcIhKOI_AAAAAAAA7Fo_EKj6Y6YrUoc_s640_IMG_0160.JPG.jpg

こんな感じで社員の方がつきっきりで教えてくださいました。
https://lh6.googleusercontent.com/-9sVljSdb044/T28-QYLdPRI/AAAAAAAA79c/C4vU0b31iCo/s640/IMG_0884.JPG
実際の体験では、乗り物のブレーキ、鉄クズを磁石に吸着させる操作&離す操作、プレス機の作動ON、を体験させてもらいました。

5分刻みでおそらくほとんどの参加者の方が体験したと思われるので、社員の方が休む暇もなくて大変だったのではと思います。
滅多にできることじゃないのでとても楽しかった!

とっても貴重な体験させていただきました。

RPFを調合

RPFとは、木・紙・プラスチックを混合して生成した燃材のこと。
主にボイラーの燃料として使われるそうです。

大きな木箱に、下記を混ぜ合わせます。

  • 木くず
  • 紙くず
  • プラスチックくず(某メーカーの未使用の詰替容器でした)
  • 解体したイスの座面のみ
  • 段ボールプラスチック(ギザギザの強度のあるプラスチック)

こんな感じでザックリ材料を混ぜていき
https://lh4.googleusercontent.com/-2LiYNoQwnt8/T2ikHRMymKI/AAAAAAAA7F8/JLY0WM7rUN4/s640/IMG_0164.JPG

RPF調合用の大きな機械へフォークリフトで盛大に投入!
若い女性社員が華麗にフォークリフトを運転していました。
(なんと社員の37%が女性らしい。)

あとは機械によって、粉砕・攪拌・加熱され
https://lh4.googleusercontent.com/-aBAkcaTO3-w/T2ikMIGbMII/AAAAAAAA7GM/4cwl2pfnON8/s640/IMG_0166.JPG

このようなRPF燃料の出来上がり。
https://lh5.googleusercontent.com/-t84fsfCAFNc/T2ijtqx6qlI/AAAAAAAA7Ec/I6onVCvW130/s640/IMG_0152.JPG

大量に完成品が積み上げられるとこんな感じ。
https://lh3.googleusercontent.com/-AaVDiPNPyUY/T2ijwgqE3fI/AAAAAAAA7Ek/ugfdb7BAmKw/s640/IMG_0153.JPG

見た目は動物のう◯ちみたいと思いました。。

強化ガラス&セラミック板の粉砕

強化ガラスは先着15枚ということで、最後の1枚を割らせてもらえました。
しかも、電車車両の窓ガラス!

こんな感じで。
電車の窓を割るだなんてそうそう出来ませんよね。
気持ち良かったー!
https://lh5.googleusercontent.com/-fHfH602lWbI/T28-o5JS81I/AAAAAAAA7-c/JwCJ25SLkWY/s640/IMG_0891.JPG
https://lh5.googleusercontent.com/-awz0hiJZ8zw/T28--trLYJI/AAAAAAAA7_Q/zi8UWov3_RU/s640/IMG_0899.JPG

セラミック板は何枚でもOKだったので
バリンバリン割らせていただいた。
https://lh6.googleusercontent.com/-zkpSI8cNUdQ/T28-1vRIdCI/AAAAAAAA7-8/gM4X6lGW3ac/s640/IMG_0897.JPG
こちらも気持ち良かったー!

あらかた体験したら、いざマテリアル狩り!!

工場内はどこでも入っていいよ(女子更衣室以外)ということで、色んなところを探索探索。
見つけたマテリアルは従量課金の明朗会計でお買い上げできます。

我が家の戦利品はコチラ。
https://lh3.googleusercontent.com/-LfRUrCuJTK4/T29d-MAf4VI/AAAAAAAA8EM/98pMF5LhjrY/s640/IMG_0059.JPG

  • LANケーブル製造時の廃棄物(5色)
  • 黒のベルクロ(たくさん)
  • 試験管(6本)
  • 車?のアンテナ(6個)
  • 磁石のかたまり(2本)

ゲットしたはいいけど、何か作らないとね!!

色々工作もできたよ!

色んな工具が揃っているので、その場でお買い上げしたマテリアルを使ってDIYがすぐにできる工房が併設されていました。
工場の人が、工具の使い方から、材料の加工方法まで色々と教えてくれるとのこと。
https://lh6.googleusercontent.com/-zTPJWNyqqkw/T2ikPlmjXHI/AAAAAAAA7Gg/lpGrW8nto88/s640/IMG_0172.JPG

購入したマテリアルの一部、LANケーブル製造時の廃棄物が
ほんとに熱で固まるのかヒートガンを借りて試してみたりしました。
https://lh4.googleusercontent.com/-AMORQpsPWkY/T28_YBMs5TI/AAAAAAAA8AI/htEooEuJlXI/s640/IMG_0909.JPG

次回もし行くことがあれば工房でもっと色々試してみたいなー。

そして、工房の入ってる建物の壁一面には、社員による手作りのステキな波形の棚が。
マテリアルがキレイに並べられていました。かっこいいい。
https://lh4.googleusercontent.com/--Youbj31buE/T2ifjPsnrXI/AAAAAAAA69Q/T4oDelWyr_8/s640/IMG_0098.JPG
もちろんこの棚自体も、この工場内で調達したもので出来ているそうです。

最後に

お土産に打錠器なるものを頂きました。
https://lh4.googleusercontent.com/-L77RjdVi3rc/T29gXLb001I/AAAAAAAA8EQ/RnYD4vpuX6s/s640/IMG_0060.JPG
粉末薬品を錠剤に固めるためのものということなんですが、マニアックすぎる!笑

あと、美大生が卒業制作の材料探しにくることもあるそうで、
確かにココにきて材料探しするの楽しそうだなーと思ったりしました。
もともと作りたいものがあって材料を探しに来るのはもちろん、ここで面白い材料を見つけて、何か作りたいもののアイディアを思いつくっていうのがここの醍醐味なんだろうなぁ。

モノ:ファクトリー でマテリアルは通販できるみたいなんですが、見に行ってワクワクするほうが100倍楽しい!!

こういった処理場の多くは、プラスチックのみなど専門に細分化している方が多いらしく、この工場のように多種多様な素材のマテリアルが集まる場所というのは意外と少ないんだそうです。

そんな感じで、色々なインスピレーションを刺激してくれる素敵な工場でした。
運営スタッフの皆様、楽しいイベントをありがとうございました(^-^)

4月には渋谷ヒカリエでナカダイ渋谷工場が期間限定オープンするそうです。


今後に期待っ。

記事内容に訂正不備などありましたら @koeri までお知らせ下さい。