tande lab.

[UNIX] パーミッションの読み方・指定方法

前記事 – [UNIX] 基本コマンドまとめ の補足記事です。
パーミッションの読み方・指定方法についてまとめました。

$ ls -l

で hoge ディレクトリの詳細表示をすると

drwxr-xr-x 19 hoge staff 646 12 29 22:39 hoge

のような表示がでてくる。

先頭の d はディレクトリの意味。
hoge がファイルの場合は -rwxr-xr-x という表示になる。

先頭のディレクトリ識別文字を除いた rwxr-xr-x がパーミッションを表していて、
3文字ずつ分割して読み解きます。

所有者 グループ 全ての人
rwx r-x r-x

rwx のそれぞれの意味は下を参照。

パーミッション 意味 数字
r 読み出し権限 4
w 書き込み権限 2
x 実行権限 1

これらの数字を足してパーミッション指定を組み立てる。

  • 全部許可したい場合(rwx)は 4+2+1 = 7
  • 読み出し+実行許可したい場合(r-x)は 4+1 = 5

となる。

例えば、755 というパーミッションは

所有者 グループ 全ての人
7 5 5
rwx r-x r-x

という意味になる。

hoge に対して パーミッションを指定する場合、
chmod コマンドを使ってこんな風に指定することができる。

$ chmod 755 hoge

ちなみに、対象がファイルかディレクトリで微妙に意味が違う。

ファイルの場合 ディレクトリの場合
r ファイルの
読み込みが可能
そのディレクトリの
一覧の参照が可能
w ファイルへの
書き込みが可能
そのディレクトリ内でファイルの
・削除
・名前変更
・新規作成
が可能
x そのファイルを
命令として実行可能
そのディレクトリに
アクセス可能