tande lab.

[Eclipse] 非エンジニア向けインストール方法

Android SDK を色々といじってみたかったので、
開発ツールの定番 Eclipse(Mac版)をインストールしてみました。

Eclips

基本はダウンロードして展開するだけです。

1. Eclipse ダウンロード

Eclipse のサイトからダウンロードします。

Eclipse Download

My image

たくさん並んでいてどれをダウンロードすればいいのか迷いますが、
同梱されているプラグインが違うだけで、どれも Eclipse 自体は全部同じもののようです。

Android 開発で使うのであれば、上から3つ目の "Eclipse IDE for Java Developers" で問題ありません。

自分の環境に合わせて 32bit 版か 64bit 版を選択してダウンロード。
Mac の場合は 64bit 版で問題ないと思います。

"Mac OS X 64 Bit" をクリックするとダウンロード用リンクがあるページへ飛びますので
https://lh6.googleusercontent.com/-U2v6-GBakpw/T9L6Of5W49I/AAAAAAABDUI/rZlzbkhYbgU/s800/120609-0006.png
赤枠のリンクをクリックして Eclipse をダウンロードします。

2. 展開&インストール

ダウンロードした圧縮ファイルを展開します。
私は Application フォルダに展開しました。

こんな感じ。
https://lh5.googleusercontent.com/-uKnkn8cUtJ0/T9LzxttshRI/AAAAAAABDTc/-tx2al4SE_o/s800/120609-0002.png

基本はこれだけでインストール完了。

3. Eclipse を起動

Eclipse.app を起動します。
https://lh3.googleusercontent.com/-GL0Znbeiz0c/T9L8ecdPyCI/AAAAAAABDUU/eGKfxRJH60I/s800/120609-0007.png

4. ワークスペースを指定

初めて起動すると、Eclipse のワークスペース(作業フォルダ)の場所を聞かれますので、自分の環境に合わせて設定します。
https://lh5.googleusercontent.com/-9R92K7Id3ZU/T9MCPw5ygoI/AAAAAAABDUo/I1cfOk6iYZs/s640/120609-0001.png

上で指定したワークスペースをデフォルトにして、毎回場所を聞かれたくない場合は、
"Use this as the default and do not ask agein"
にチェックを入れておきます。

5. インストール&設定完了

無事インストール完了&設定を済ませると Welcome ページが表示されます。
https://lh6.googleusercontent.com/-WAw_inWiUCk/T9MCO9hz-ZI/AAAAAAABDUg/MSrYWYzWTbw/s640/120609-0008.png

参考サイト