tande lab.

ブログ書くなら Pukiwiki記法 か Markdown記法 か

こんにちは。

軽量マークアップ言語 ってご存知でしょうか。
Wikipedia によりますと、

人間がシンプルなテキストエディタを使っての入力が容易になるように設計された、簡潔な文法をもつマークアップ言語

規格とともにパーサが実装されており、XMLなどのマークアップ言語に変換して使用することができる。

となっています。

要は長い文章を書くときに、
軽量プレーンテキストでも読みやすく、
かつ XML や HTML などに容易に変換できるテキスト記法のことです。

世の中にはたくさんの 軽量マークアップ言語 が存在するわけなんですが
今回は Pukiwiki記法 と Markdown記法 について思うところを書いてみました。

Pukiwiki記法 か Markdown記法 か

このブログでは、ブログ書くのに毎回 HTML タグ打ちとか辛いので
Pukiwiki for WordPress プラグインを WordPress に導入して
Pukiwiki記法 で書いているんですけど、

Github とか見てると Markdown記法 でドキュメント記述するのを推奨していますし、
これから世界標準になりそうな Markdown で慣れておいた方がいいのか?
だったら Markdown記法 でブログ書くのもありかなーとふと思いついて
色々調べてみたので、せっかくなので公開します。

Markdown記法 について色々

そもそも Markdown って?

Markdown – Wikipedia
Wikipedia から引用

「読みやすく書きやすいプレーンテキストで書け、そして構造的に妥当なXHTML(もしくはHTML)に変換することのできるフォーマット」として、John GruberとAaron Swartzによって考案された。[1] Markdownの記法の多くは、電子メールでプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。

Markdown の基本的な記法について

blog::2310 » Markdown文法の全訳
Markdown の基本的な記法について載ってます。

Daring Fireball: Markdown Syntax Documentation の内容を和訳してあるようです。

Kawaz – Markdownの使用方法
大雑把に Markdown でできることを見るなら
こちらのサイトが要点まとまっていて分かりやすかったです。

Markdown 用テキストエディタ

Kobito – プログラマの技術情報メモに最適なMacアプリケーション
Markdown に対応した Mac 用エディタアプリ。

利用には Qiita アカウントが必要です。
Qiita[キータ] – プログラマの技術情報共有サービス への投稿アプリらしいですが、
リアルタイムプレビューが優秀なので
単純に Markdown エディタとして利用しても良さそうです。

Mou – Markdown editor for web developers, on Mac OS X
こちらも Mac 用のエディタアプリ。
これも使いやすそうです。

Markdown を WordPress で使うためのプラグイン

いくつかありましたが、以下のプラグインが使いやすそうです。
WordPress › WP-Markdown « WordPress Plugins

使い方はこちらが分かりやすいです。
Markdown プラグイン導入テスト | ウェブサイト制作をもっと知る-anque

結局

で、今回いろいろ試してみて、
ブログ更新についてはしばらく Pukiwiki記法 のままでいきます。

ここまで調べておいてそれかよ!って感じですけど…。

理由を羅列してみました。

WordPress の自動改行がリセットされちゃう

なんでか分からんのですが
上記のプラグインを導入してテストしてみたのですが
改行したはずの箇所が改行されないのです。

なぜだー。

2012.9.24 追記
どうやら Markdown で通常改行するには、行末に半角スペースを2つ入れれば良いみたいです。
それでも直感的に書きたいので、オプションで通常改行してくれるプラグインとかあればいいな。

CSS とかいちから調整しなおすのが面倒

元も子もないけど、またいちからブログのデザインに合わせて
CSS 再調整するのが面倒で orz

リンク・画像を貼るのが簡単

慣れもあるんですけど、Pukiwiki のが簡単なんですよね。

Markdown記法 の場合

[tande lab.](http://tande.jp/lab/)
![alt txt](http://tande.jp/img/logo_blog.png)
[![alt txt](http://tande.jp/img/logo_blog.png)](http://tande.jp/lab/)

Pukiwiki記法 の場合

[[tande lab.>http://tande.jp/lab/]]
[[http://tande.jp/img/logo_blog.png]]
[[http://tande.jp/img/logo_blog.png>http://tande.jp/lab/]]

Markdown だと 画像の場合、"!(エクスクラメーション・マーク)" が行頭に必要だったり、
リンクと画像で少しだけ記法が異なります。

また、画像にリンクを貼りたい場合など、
四角かっこが続くので、若干見づらくなる気がします。

Pukiwiki だと 四角かっこ で囲むという記法は
リンクも画像も同じなんですよね。

表組が簡単に書ける

コレが一番の理由かも。

Markdown でも表組は書けるようなのですけど情報が少なくて。
Kawaz – Markdownの使用方法

Pukiwikiだと、こうやって書くと

|あ行|あいうえお|
|か行|かきくけこ|
|さ行|さしすせそ|

こう変換されます。

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ

先頭に "~" を付けると

|~あ行|あいうえお|
|~か行|かきくけこ|
|~さ行|さしすせそ|

タイトル行/列として認識されます。

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ

その他、

  • セル内の右寄せ・左寄せ
  • セルの連結 (colspan/rawspan)
  • セルの背景色指定

なども簡単にできます。

更に詳しい記述方法はこちら。
整形ルール – PukiWiki

2012.9.24 追記
どうやら Markdown 標準で表組はサポートしていないらしく
Markdown の拡張 Markdown Extra で対応しているらしい。
それでもやはり、柔軟性は Pukiwiki の方がまだ高いかな、という印象。

ということで

普段のメモ書きとかは Markdown記法 で慣れてみようかな〜と思うけど
ブログでは、画像貼ったり、表を書いたりすること考えると
まだしばらく pukiwiki記法 で続けようと思いました。

Markdown のが羨ましいと思うのは
HTML タグが混在していても認識されるのが便利です。

ま、一番いいのはどっちも覚えることですかね!

打合せの議事録とか、セミナーのメモとかは
Markdown のが便利かもしれないと思いました。
とりあえず、そんな感じでしばらく使い分けてみようと思います。