tande lab.

レトロなフォント “懐映体” がステキ

レトロなフォントのご紹介。

https://lh3.googleusercontent.com/-QbO2J3mfuRI/UEX6DW_c_dI/AAAAAAABHf8/Fc6D9BrQhIY/s800/a-cine.gif

この前リリースした、Chrome Extension "Color Thief – 色泥棒"
のプロモーション画像で利用させてもらったんですけど、井上デザイン からリリースされてるフォント "懐映体" がステキです。

こんな感じで使ってます。
http://j.mp/NlnsF9

漢字まで対応していてプロユースでも使える品位のレトロフォントってなかなかない。
あったとしても、だいたい高くて、趣味で使うには厳しいお値段のが多いところ、この品位にして、1書体 3,150円 という破格の値段。

文字数が制限された無償版もサイトにありますが、有償版は商用利用可能です。
紙系デザインはOKだけど、映像やWEBで使うのはNGとか、どこぞのフォントのような罠はありません。

個人的には値段関係なく、色々探した中で一番好みのレトロフォントだったので思わず、ポチってしまいました。

フリーフォントでもレトロなのとかあるけど、だいたい、ひらがな・カタカナ・英数字のみ。
安い書体パックとかに入っているものでも、華美なのが多くて使いどころが難しい。
なので、この価格でこんなステキなフォント使えるなんて、とても嬉しい!

井上デザイン で販売されている他フォントも、また違った味わいのあるレトロなフォントがたくさんで、ついついポチっとしたくなります。

また何か機会があったら違うフォントも、ポチっとさせて頂こうっと。

参考サイト