tande lab.

IEでしか動かない困ったサイトにMacで出会った時の対処法

そろそろ IE ほんとに死滅してほしい…。
官公庁とか金融系のサイトに多いのですが、このご時世にもまだ IE でしか動きません!! というサイトに出会うと、とてもテンションが下がりますね。

そういうとき、ブラウザの基本機能で IE のフリしてアクセスできます。
どこぞの銀行のログインサイトとか、IE8しか対応してなくて困る!というときに便利。

Chrome と Safari での方法を紹介します。

Chrome の場合

デベロッパーツールを起動して、
https://lh6.googleusercontent.com/-YkE_2yrmBmg/UsAt58muDUI/AAAAAAABbJI/SXw4XTiUu9s/s800/131229-0006.png

右下の歯車ボタンを押して設定を呼び出します。
https://lh6.googleusercontent.com/-vOe_noK2u_c/UsAt6mpzeBI/AAAAAAABbJQ/eGf-eRXKsIg/s800/131229-0007.png

"Enable" にチェックすると "User Agent" もチェックできるようになるので両方ともチェックを入れると、ユーザーエージェントが選べるようになります。
https://lh4.googleusercontent.com/-KUb0w3RRWy8/UsAt5aAq1-I/AAAAAAABbJA/ideLORf2Yw8/s800/131229-0010-9.png

ここから、表示させたいブラウザを選べばOK。
デベロッパーツールを閉じても、大丈夫です。

Safari の場合

Safari の "環境設定 > 詳細" で、開発メニューを ON にします。
https://lh3.googleusercontent.com/-FKtsURV1bXs/UsFadaMYzfI/AAAAAAABbJg/CI39QuXMekQ/s640/131230-0002.png

"開発 > ユーザーエージェント" から表示させたいブラウザを選べばOK。
https://lh4.googleusercontent.com/-AAkH7xHPiMo/UsFaeOfSEOI/AAAAAAABbJo/jYJdghmsILE/s640/131230-0006-2.png

Chrome よりとっつきやすいですね。

こんな感じで

BootCamp 等で Windows もインストールしてるって人でも、わざわざ IE 立ち上げるためだけに Windows に切り替えるの面倒だと思います。

私も VMware Fusion で Windows 入れてますが、重いので出来るだけ起動したくない。

WEB系の仕事してる人には当たり前機能だと思いますが、そうでない人には意外と知られていないようなので紹介してみました。




1 comment
  1. かぷりたん says: 2014/06/2914:05

    少なくはなってきているけど、いまだにIEでじゃないと動作しないサイトって本当に多いですよね^^;
    俺、メインでSafari使ってるんですけど、Safariでからは買い物が出来ない所もあったりしてます。
    そういう場合、Firefoxからだと大丈夫だったりしてるんで、ブラウザを使い分けたりしてましたよ。
    たま〜にUser Agentを変更してもダメなやつがあったりしてます^^;

Submit comment