tande lab.

#ニコニコ技術部 @札幌勉強会 を見学してきた

里帰り出産のため、去年の12月頭から実家のある札幌に帰ってきています。

イベントを主催してた友人の @funa3 に誘ってもらって、年末に ニコニコ技術部@札幌勉強会 を見学してきました。ニコニコ技術部のオフラインイベントは札幌では初めてだそうで。

私は今回見てるだけ、更に場違いな妊婦姿ですみません…て感じでしたが、会場 (札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE) の雰囲気も手伝ってか始終ほのぼのした感じで発表が行われていました。

https://lh6.googleusercontent.com/-n4cqnpBRiJo/Us4aF_IECfI/AAAAAAABbyM/40riWe_sTMI/s400/IMG_5048.JPG

途中から会場入りしたので最初の方は発表聞けなかったのですけど、ロケット話(実物も見れた!)が面白かったー。

あと、Oculus Rift の実物を触れたのが個人的には大収穫でした!
RICOH THETA で撮影された360度画像を Oculus で見せてもらったんですけど、臨場感ありまくり。THETA で動画撮れたら更に面白くなるなーと感じました。

以下、メモです。

イベント概要

イベント名 ニコニコ技術部@札幌勉強会
日時 2013.12.13 Fri. 18:00-21:00
場所 札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE
参加者 20名くらい

当日はニコニコ技術部@札幌の Twitter (@ntsapporo) でニコニコ生中継されてました。
以下の公式サイト・参加者ブログでも当日の様子がまとめられています。

あと、会場だった 札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE は、3Dプリンターとかレーザーカッターとかの工作機械が使えるコワーキングスペースで、初めてお邪魔しましたが面白い場所でした。

以下、当日聞いた発表について。

LaFonera を 音楽プレーヤ化 by @n24bass さん

以前から色々作ってた電子工作作品の紹介。
LaFonera(FONのルータ)を改造してワイヤレス音楽プレーヤ化していたのが印象的。

発表資料をコチラで公開されてました。
ニコニコ技術部札幌勉強会

物質プログラミング by はこだて未来大 迎山研究室 の学生さん

Maker Faire TOKYO 2013 でも展示していて、Lifehacker にもとりあげられた作品の紹介。

命令が書かれたブロックをパズルのように繋げてカメラで撮影すると、その撮影画像からコードを読み取り、実際にプログラミングができあがるというもの。

https://lh6.googleusercontent.com/-H9zPGIN91eg/Us43B4Hc5ZI/AAAAAAABbzY/22DoCGOYcUg/s400/IMG_5028-7.jpg

動画を見つけたので貼っておきます。

レゴマインドストームとかを彷彿とさせる作品。
ブロックの色使いもビビッドで可愛らしいし、ブロック同士を繋げる時の磁石がカチっとはまる気持ちよさもこだわったとのことで、確かにカチっとブロックをはめるとき気持ちよかった。

Lifehacker に取り上げられた記事
子どもと一緒に遊びたい。ブロックを組み合わせてコードをつくる「物質プログラミング」 #mft2013 : ライフハッカー[日本版]

赤平より宇宙へ by 植松電機 大塚さん

まさかロケット話が聞けるとは思わなかったです!

缶サット甲子園の紹介

高校生を対象としたロケット大会。
缶サットとは、アニメ宇宙兄弟でやってた大会の高校生版と思ってもらえばOK。

缶サット甲子園2013

今は、単にマイコン積んで数値とってみました、という参加学生が多いが、将来的には何のためにそのセンサーを積んで飛ばすのか、その値からどんなことが言えるのか、というところまで踏み込んで飛ばしてほしい。

本州の学校だと、試験でロケット飛ばすのも土地的な制約があったりと大変そうという話も聞く、とのこと。

CAMUIロケットの話

Wikipedia によると、CAMUIロケットとは

北海道内の大学・植松電機をはじめとする北海道内の民間企業によって開発が進められているハイブリッドロケット

だそうで、当日は実物のロケットが会場に鎮座!

https://lh5.googleusercontent.com/-qTb0xxw8API/Us433y37DMI/AAAAAAABbzg/eTPNgho4vsk/s400/IMG_5038-6.jpg

  • 機体はホーマック(ホームセンター)で部品購入して制作。
  • 電子機器は秋月電子、SwitchScience などで部品購入。
  • 固体燃料(プラスチック)を利用している。
  • 下の方に向かってガスを噴出するように出来ている。

などなど、ある意味 DIY の域でロケットができちゃうんだなーと感心。

FTIRマルチタッチディスプレイをつくってみた by @funa3

iPad が世の中に登場する前に作った作品。
マルチタッチディスプレイを自作してみたよ、という紹介。

選んだ色で絵を描けるようなディスプレイ。
これも動画を見つけたので貼っとく。

アクリルは横から光を充てると光を閉じ込める性質がある。
指で触るとそこから光が漏れるので、それでタッチパネルみたく使える。
昔からあるネタだが、材料の特性を上手に使ってるところに惹かれて自分で作ってみようと思った。

材料

  • PC
  • ウェブカメラ(IR改造済み)
  • プロジェクター
  • アクリル板
  • IR-LED

普通のマルチタッチディスプレイとの違い

  • 画像認識でタッチ面を処理している
    • なので、手のひら、スポンジなど色々と使える。
  • 大きさに制限がない
    • カメラとプロジェクタのサイズさえ揃えばいくらでも大きくできる。

欠点

赤外線なので、白熱灯がある箇所で利用すると影響されてしまう。
精度を出すためには暗い部屋などでやる必要がある。

今後やりたいこと

半球型、全球型のマルチタッチ。
やってる先人はたくさんいるが、実際に自分でやってみると面白いし、その過程で新しいアイディアが出てくるかもしれない。
これからブラッシュアップするなら、Flash じゃなくて OpenFrameworks とかで作れたらいい。

その他

細かい点は、カメラの精度次第。
厚めのアクリル板を使って、足で踏む、とかでも面白いかもと思っている。

奥深い賽銭箱を作ってみた by @fish_meat さん

某大学4年生
趣味:電子工作、アクリル板工作、CNC加工
Arduino勉強会/OSC/Sapporo OpenLab あたりに出入りしている。

今回は、千本鳥居 in 賽銭箱 という作品を作ってみた。

https://lh4.googleusercontent.com/-_nxu-f3D6PE/Us4aO-8KZ3I/AAAAAAABbzE/yxuMFpYjf2o/s400/IMG_5055.JPG

原理&メイキング

  • 合わせ鏡を使ってる。
  • ハーフミラーと普通の鏡の間に鳥居を立ててる。
  • 仕組みは単純。

ノリで作品作っちゃうその感じがニコニコっぽくて良いな〜と思いました。

ご本人のブログ
ニコニコ技術部@札幌勉強会に行ってきました | WebTank

以上

2013年は色々あってニコニコ超会議もMakerFaireも行けなかったので、久しぶりなギークイベントで楽しかったです。誘ってくれてありがとう! > @funa3 :-)

それにしても、ちょっと THETA 欲しくなった。




0 comments
Submit comment