tande lab.

[JavaScript] 日付計算が簡単なライブラリ xdate.js

日付計算が簡単になる JavaScript ライブラリの紹介です。

XDate – A Modern JavaScript Date Library
こちらの xdate.js を使うと、JavaScript 標準の Date オブジェクトをもっと便利にした XDate オブジェクトを利用することができます。

setTime や getFullYear などの基本メソッドは Date オブジェクトそのままに、それに加えて日付の足し算・引き算、指定フォーマットに合わせた文字列出力など便利なメソッドが揃っています。

以下、サンプルコードです。

var today = new XDate(); // 現在日時の XDate オブジェクトを作成
var newyear = new XDate(2014, 1, 1); // 2014/1/1 の XDate オブジェクトを作成

//////////////////////////////
////// 文字列として出力 //////
//////////////////////////////
// デフォルト出力
today.toString();
// 実行結果: Fri Jan 24 2014 18:47:00 GMT+0900 (JST) 

// フォーマットに沿って出力
today.toString("yyyy/M/d HH:mm");
// 実行結果: 2014/1/24 18:47

//////////////////////////////
////// 日付の引き算 //////
//////////////////////////////
// today - newyear の差分日を計算
newyear.diffDays(today);
// 実行結果: 23

// newyear - today の差分日を計算
today.diffDays(newyear);
// 実行結果: -23

//////////////////////////////
////// 日付の足し算 //////
//////////////////////////////
// today に 5 日足す
today.addDays(5);

today.toString("yyyy/M/d");
// 実行結果: 2014/1/29

その他にも色々便利に使えます。

詳細な使い方はライブラリの本家サイトで!
XDate – A Modern JavaScript Date Library

参考サイト




0 comments
Submit comment