tande lab.

Archive
Illustrator

Illustrator で文字の行間を調整するのに文字パネルで調整しますよね。

https://lh5.googleusercontent.com/-Xj5kia9sEMA/UslHBpcRtnI/AAAAAAABbtE/W5TkXnK6_Gs/s800/140105-0002-10.png

PowerPoint とか Keynote のように、行間とは別に、段落間の空きも調整したいなーと長年思ってたんですけど、段落間の空きを調整する機能が Illustrator にはないと思っていました。

不便に感じるたびに、テキストボックスを段落ごとに作ったりしてごまかしてたんですけど、よくよく探したら、あるじゃないかー!

Read More

いつのバージョンからかは忘れたのですが、最近の Illustrator ってグループ化したオブジェクトをダブルクリックすると、そのグループの編集モードに突然入っちゃいますよね。

使いにくいなーとずっと思ってたのですけど、設定でグループ編集モードに入らないようにすることが出来るんですね。

Read More

映像用の素材を Illustrator で作る時に、新規ドキュメントの設定で “ビデオとフィルム” を選ぶとドキュメントサイズをビデオに合わせたものが選べるようになるので便利なのですが、

https://lh4.googleusercontent.com/-8uZTCfKYl7c/UgopuG_R8ZI/AAAAAAABVdE/vWUZr7QCfmc/s640/130813-0001.png

アートボードがこんな感じで完全に映像仕様になります。
ビデオセーフエリアなどのガイドも表示されるので、その辺をシビアに気にしながらグラフィック作るなら便利そうです。
https://lh5.googleusercontent.com/-Bk4dz1rb9FA/UgoqkIiSx4I/AAAAAAABVdU/2r6JE2BCIms/s640/130813-0002.png

が、最近は液晶テレビやPCで映像見るのがほとんどだと思うので、セーフエリアってそこまで重要じゃなくなってきましたよね。

なので正直ここまで映像仕様にならなくても…、と思うので、毎回通常の白いアートボードに戻しているのですが、意外とその方法が分かり難いのでメモしておきます。

Read More

結構、昔からあるサービスなので、今更って感じですが。

Adobe が提供するカラーパレット共有サービス Kuler (クーラーと読むらしい) いいですよね。
https://kuler.adobe.com/

私、ずっと Web サービスだと思ってたんですけど
Adobe 製品の CS4 以降であれば、アプリ内から直接利用できるんですね!
知らなかった! 超今更!!

Read More

普段は、デジタル物のデザイン制作が多いので Illustrator の作業環境は px 単位なんですが、たまに印刷物をデザインするときに mm を使うことがあります。

で、mm だとなんでか入力した数値通りに反映されない時があるんですよ。

なんでー!? と思って色々調べたら、やっと犯人つきとめた。
CS5 から追加された “ピクセルグリッドに整合” が原因でした。

Read More

前に書いた記事 [Photoshop] テキスト編集を解除するショートカット の追記記事です。

普段、Photoshop ばかりなのでたまに Illustrator 使うと、あれ?ってなることがしばしば。
Illustrator で ⌘+Enter してもテキスト編集が解除されなかったので、
Photoshop とはショートカットが違うのかーどうするんだー?

と思って、Twitter でつぶやいたところ
数人の方に色々と教えていただきました。

テキスト編集を解除するショートカットってひとつじゃないんですね!!
臨機応変に使い分けよ〜っと。

Read More

Photoshop でも X で
線と塗りの選択を入れ換えられるショートカットは便利で良く使ってるんですけど、

Illustrator では、
X で線と塗りの選択を入れ替えられるのはもちろん、
Shift+X で選択しているオブジェクトの線と塗りを入れ替えられる!!

知らなかったよー。
便利だー。

Read More

と思って、久しぶりに Apple Store に行ってきました。

イベント名 DTP Booster 035 – Illustratorで使うJavaScript、その基本と実践
日時 2012年6月21日28日(木) 19:00-20:00
会場 アップルストア銀座(3F)
主催 DTP Booster実行委員会

っていう、イベントに参加してきました。

主催者によるフォローアップ記事がアップされています。
DTP Booster 035が終了しました+フォローアップ – DTP Transit

個人的には Illustrator じゃなくて Photoshop のほうがよく使うけど
Adobe 製品なら Illustrator も Photoshop もそんなに変わらんべ。
と思って参加してきました。

どうやら周りは紙系デザイナーさんだらけで
普段のツールは Illustrator とか InDesign がメインの方が多かった様子。
プログラミングはサッパリです、という方がほとんどのようでした。

以下、参考になったこととか、URLとか。

Read More

アプリや開発環境によって座標系って様々なんですよね。
普段使うアプリを分類して、まとめてみました。

3D を扱う場合、奥行きのZ座標も考えなきゃですが、ひとまず2次元中心での分類です。
ちなみに、Illustrator は CS5 から座標系が変更になってますので注意。

間違いあれば指摘お願いします。

Read More

普段、仕事では CS3 だったので
矢印の設定方法が変更になってたことに気付いてませんでした。

どうやら CS5 から変更になったみたい。
Illustrator(イラストレーター)CS5の新機能(2)-矢印の設定 Illustrator(イラストレーター)入門/ウェブリブログ

前はツールバーの “フィルタ” または “効果” から “矢印にする” を選んで設定するんだったけど
“線パネル” から設定できるようになってる!

PowerPoint とかと同じ感覚ですね。

こちらのサイトも図入りで分かりやすいです。
Illustrator CS5で矢印はどこ行った?+線幅ツールとかのお話。|linker journal|linker

Photoshop も Illustrator みたいな感じで矢印設定できるようになって欲しいなぁ。

Read More