tande lab.

Archive
iOS

またもや、凄く今更なイベント参加メモをアップ。
でも内容的にはまだまだ全然参考になる。

去年 (2013年) の5月に行われた 第39回 HTML5 とか勉強会 #html5j + 日本 Android の会 #jag201305 合同勉強会 で、クックパッドの方 (@kaa さん) がハイブリッドアプリ (OS ネイティブと HTML5 を組み合わせたスマホアプリ) について講演されていて、面白かったのでメモしてたんですけど、その時のメモが発掘されたので、今更ながらのアップです。。

とりあえず、今の世の中には大まかに下記の3種類のスマホアプリがある、というのを頭に入れてから読み進めると良いです。

ネイティブアプリ iOS/Android など OS ネイティブの開発環境で制作されたアプリ
WEBアプリ HTML5 など WEB ベースで制作され主にブラウザ上で動くアプリ
ハイブリッドアプリ OS ネイティブに HTML5 など WEB を組み合わせたアプリ

以下、メモです。

Read More

タイトルそのままなんですが、結構前にインストールして結構気に入っているアプリ。
インフォグラフィクスの表示がとてもキレイです。

閲覧できる情報としては必要最低限、って感じなので詳しく分析したいって場合には不向きですが、単純にぽけ〜っと眺めている分には、とてもシンプルでキレイなアプリです。

色も iPhone の本体色に合わせて2色選べてオシャレ。
配色もとてもステキです。
IMAGE_417.png IMAGE_418.png

Read More

Android アプリのデザインをしているといつも混乱する px と dp の関係。

Android には数種類の解像度があってそれぞれ比率が決まっています。
代表的な解像度4種類の比率を比較してみると

mdpi : hdpi : xhdpi : xxhdpi = 1 : 1.5 : 2 : 3

Photoshop でデザインする時はこの比率を常に意識します。
どの解像度でも px 換算で、小数点がでないように気をつけるんですが、ほんっと面倒くさい!!

それを解決してくれる iPhone アプリがあったー!

Read More

iOSとAndroidはちゃんと作り分けたほうが良い、っていうのは正論なんですが、
現場ではそうはいってもいられずなことが多いと思います。

色々やっててiOSとAndroid両方のデザインを同時期にやらなくちゃいけない!
ってなったときの効率的なデザイン作業のやり方としては
流用できるデザインパーツはなるべく流用できるようにデザインを考えるってことなんではと思いました。

フローや画面遷移はなるべくOSに沿って考えてあげるとしても、
デザインパーツそのものを全てOSに合わせてつくり直すのはかなりの労力だなぁと。

以下、個人的に効率的じゃないかと考えている流れ。

Read More

プロジェクトフォルダ内の
Supporting Files > *-Info.plist (*はプロジェクト名称)
に以下の条件のKeyとValueを設定すればOK。
アプリアイコンの光沢ON/OFF

KeyValue結果
Icon already includes gloss effectsYES光沢なし
アプリアイコンの光沢なし
NO光沢あり
アプリアイコンの光沢あり

アイコンは、iOSの教科書 – 赤松正行の書籍サイト の真似て仮で作ったやつですw
こうやって比較してみると光沢つけると全体的に白っぽくなっちゃうんですね。

Read More

iOSアプリのアイコンと起動画面で準備する画像サイズなどのメモ。

最低限準備する必要のある画像はデフォルトファイル名が指定されており、
そのファイル名でビルドすると自動的に該当箇所に適用されます。
ファイル名は変更することもできるようです。

iPad3 もとい 新しいiPad の解像度についても情報追記しました。(2012.3.17追記)
“iTunesArtwork” の推奨サイズが倍になったので追記しました。(2012.6.24追記)
iPhone5, iPad mini の解像度についての情報追記しました。(2012.11.15追記)
iOS7 で新たに必要になったアイコンサイズ情報を追記しました。(2013.10.7追記)

iOSデバイス解像度の種類

iPhone の画面サイズは3.5inch, 4inchの、現状3種類の解像度が存在します。
iPad は iPad mini が増えましたが ipad mini は初代 iPad と解像度は一緒です。

デバイス名称画面サイズ解像度 (px)解像度 (dpi)
iPhone3G / 3GS3.5 inch320 * 480163 dpi
iPhone4 / 4S640 * 960326 dpi
iPhone5 / 5S / 5C4 inch640 * 1136326 dpi
iPad / iPad29.7 inch768 * 1024132 dpi
iPad 第3世代 / 第4世代1,536 * 2048264 dpi
iPad mini7.9 inch768 * 1024163 dpi

iPhone4/4Sのはいわゆる "Retina Display" と言われているやつですね。
なのでiPhoneアプリの場合は、この2種類の画像を準備する必要があります。
iPadは大半の画像データがiPhone3G/3GSのものと共用できます。

iPad3はまた違う解像度になるっていう噂もあるので、、どんどん増えると対応が大変ですね。
iPad3 もとい 新しいiPad は噂通り、Retina Display でしたね。
ということでまた新しい解像度が増えました。(2012.3.17追記)

iPhone5 でまた新しい解像度が増えましたね。(2012.11.15追記)

ファイル名の末尾に「@2x」をつけたものが、Retina Display用(iPhone4/4S、iPad第3世代)用の画像として認識されるようです。
「@2x」ファイルがなくてもアプリは作れますが、もやっと荒い画像になってしまいます。
2013.5.1 から Retina対応が必須となりました。参考ニュースはコチラ。(2013.4.3追記)

以下、準備する必要のある画像リストです。

Read More
Couldn't register xxxxxx with the bootstrap server. Error: unknown error code.
This generally means that another instance of 
this process was already running or is hung in the debugger.

ってのが出てきて、
iPhone上でアプリが動かない!シミュレータ上では動くのに!
ってあたふたしてしまったんですが、その場合は実機を再起動すると良いそうです。

iPhoneへアプリインストールして、STOPしないうちになんらかの原因でXcodeが終了してしまった場合に起こる現象のようで、iPhone側に実行中ステータスが残っている状態に、アプリをインストールしようとしてしまいエラーになるんだとか。

iPhoneでアプリケーションインストール中にエラーとなった場合の対処: iPhoneアプリ開発備忘録
を参考にさせていただきました。

Read More

やっと重い腰をあげて、iOSアプリ開発に挑戦し始めました。
とりあえず何でもいいから、サンプルアプリを自分のiPhoneにインストールして動かしてみたい!!
と思って、そのために参考にしたサイトや自分がつまずいたところをまとめてみました。

iOS Developer Program

目次

  1. iOS Devloper Program への登録
  2. App Store から最新版 Xcode のダウンロード
  3. 開発用証明書の取得&登録
  4. 自分の iPhone, iPad を開発デバイスとして登録
  5. App ID の取得
  6. Provisioning Profile の作成
  7. Provisioning Profile をXcodeに登録
  8. iPhone 実機へサンプルアプリをインストール

下記から、やったことについて順を追って説明していきます。

Read More