tande lab.

Archive
2012年1月 Monthly archive

プロジェクトフォルダ内の
Supporting Files > *-Info.plist (*はプロジェクト名称)
に以下の条件のKeyとValueを設定すればOK。
アプリアイコンの光沢ON/OFF

KeyValue結果
Icon already includes gloss effectsYES光沢なし
アプリアイコンの光沢なし
NO光沢あり
アプリアイコンの光沢あり

アイコンは、iOSの教科書 – 赤松正行の書籍サイト の真似て仮で作ったやつですw
こうやって比較してみると光沢つけると全体的に白っぽくなっちゃうんですね。

Read More

iOSアプリのアイコンと起動画面で準備する画像サイズなどのメモ。

最低限準備する必要のある画像はデフォルトファイル名が指定されており、
そのファイル名でビルドすると自動的に該当箇所に適用されます。
ファイル名は変更することもできるようです。

iPad3 もとい 新しいiPad の解像度についても情報追記しました。(2012.3.17追記)
“iTunesArtwork” の推奨サイズが倍になったので追記しました。(2012.6.24追記)
iPhone5, iPad mini の解像度についての情報追記しました。(2012.11.15追記)
iOS7 で新たに必要になったアイコンサイズ情報を追記しました。(2013.10.7追記)

iOSデバイス解像度の種類

iPhone の画面サイズは3.5inch, 4inchの、現状3種類の解像度が存在します。
iPad は iPad mini が増えましたが ipad mini は初代 iPad と解像度は一緒です。

デバイス名称画面サイズ解像度 (px)解像度 (dpi)
iPhone3G / 3GS3.5 inch320 * 480163 dpi
iPhone4 / 4S640 * 960326 dpi
iPhone5 / 5S / 5C4 inch640 * 1136326 dpi
iPad / iPad29.7 inch768 * 1024132 dpi
iPad 第3世代 / 第4世代1,536 * 2048264 dpi
iPad mini7.9 inch768 * 1024163 dpi

iPhone4/4Sのはいわゆる "Retina Display" と言われているやつですね。
なのでiPhoneアプリの場合は、この2種類の画像を準備する必要があります。
iPadは大半の画像データがiPhone3G/3GSのものと共用できます。

iPad3はまた違う解像度になるっていう噂もあるので、、どんどん増えると対応が大変ですね。
iPad3 もとい 新しいiPad は噂通り、Retina Display でしたね。
ということでまた新しい解像度が増えました。(2012.3.17追記)

iPhone5 でまた新しい解像度が増えましたね。(2012.11.15追記)

ファイル名の末尾に「@2x」をつけたものが、Retina Display用(iPhone4/4S、iPad第3世代)用の画像として認識されるようです。
「@2x」ファイルがなくてもアプリは作れますが、もやっと荒い画像になってしまいます。
2013.5.1 から Retina対応が必須となりました。参考ニュースはコチラ。(2013.4.3追記)

以下、準備する必要のある画像リストです。

Read More
Couldn't register xxxxxx with the bootstrap server. Error: unknown error code.
This generally means that another instance of 
this process was already running or is hung in the debugger.

ってのが出てきて、
iPhone上でアプリが動かない!シミュレータ上では動くのに!
ってあたふたしてしまったんですが、その場合は実機を再起動すると良いそうです。

iPhoneへアプリインストールして、STOPしないうちになんらかの原因でXcodeが終了してしまった場合に起こる現象のようで、iPhone側に実行中ステータスが残っている状態に、アプリをインストールしようとしてしまいエラーになるんだとか。

iPhoneでアプリケーションインストール中にエラーとなった場合の対処: iPhoneアプリ開発備忘録
を参考にさせていただきました。

Read More

毎年この季節は、雪山にも行きたいし
行きたい展示もたくさんだしで土日のスケジュールが過密気味。
とりあえず行きたい展示を書き出しておく。
自分用メモなので、フォーマットとかバラバラだけどとりあえず情報コピペ!!

とりあえず、絶対行きたいのだけリストアップしたけど、
今年特に多い気がするー!!

Read More

ここ数日、「全角英数字がキレるレベル」とTwitterで話題になっていたdocomoのプレスリリース
報道発表資料 : Xperia新モデルのスマートフォン2機種を開発 | お知らせ | NTTドコモ

@1ouis さんのツイートを拝借。
想像を絶する全角文字のオンパレードに思わず爆笑!!

てことで、WEBページ上の全角文字を
半角文字に自動変換する Chrome Extension “さよなら全角英数” リリースしました。
good-bye
作った人: @soranchu, @koeri

ダウンロードは Chromeウェブストア からドウゾ!
good-bye

Read More

やっと重い腰をあげて、iOSアプリ開発に挑戦し始めました。
とりあえず何でもいいから、サンプルアプリを自分のiPhoneにインストールして動かしてみたい!!
と思って、そのために参考にしたサイトや自分がつまずいたところをまとめてみました。

iOS Developer Program

目次

  1. iOS Devloper Program への登録
  2. App Store から最新版 Xcode のダウンロード
  3. 開発用証明書の取得&登録
  4. 自分の iPhone, iPad を開発デバイスとして登録
  5. App ID の取得
  6. Provisioning Profile の作成
  7. Provisioning Profile をXcodeに登録
  8. iPhone 実機へサンプルアプリをインストール

下記から、やったことについて順を追って説明していきます。

Read More

functions.php に以下を追記することで
url入力したサイトのスクリーンショットを手軽に貼付けることができます。
スクリーンショットには自動でリンクが貼られます。

//URLを入力しスクリーンショットを撮る
function wpr_snap($atts, $content = null) {
	extract(shortcode_atts(array(
		"snap" => 'http://s.wordpress.com/mshots/v1/',
		"url" => 'http://tande.jp/',
		"link" => '',
		"alt" => 'My image',
		"w" => '480', // width
		"h" => '360' // height
	), $atts));

	if($link == '') { $link = $url; }
	$img = '<img src="' . $snap . '' . urlencode($url) . '?w=' . $w . '&h=' . $h . '" alt="' . $alt . '"/>';
	return '<p>' . '<a href="' . $link . '" target="_blank">' . $img . '</a>' . '</p>';

}

add_shortcode("snap", "wpr_snap");
Read More

WordPressのカスタマイズするときに、
phpのコアファイルとか、適用中のテーマやプラグインのCSSを直接いじってしまってたんですけど、そうするとアップデートしたときに元通りになっちゃった!
あわわーってなってしまうこと数回…orz。

で、色々調べるとWordPressにはそれを回避できる「子テーマ」っていうすばらしい仕組みが用意されているんですね。コアファイルやテーマ自体は全くいじらず、変更したい箇所だけ別ファイルで準備できるというものです。

以下、使い方の説明です。

Read More

去年は月1くらいのペースでしか更新できませんでしたが、
今年もマイペースで続けていけたらと思います。
年末年始は地元の北海道へ帰省して、懐かしい友人達と会ったりしていました。

世界的にも日本的にも私達的にも激動の2011年でしたが
2012年も色々楽しいことに挑戦できればと思います。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

HappyNewYear2012

Read More